2024年6月25日開催 | 生活の中のライフストーリーワークセミナー

生活の中のライフストーリーワークの重要性

ライフストーリーワーク(LSW)と聞くと、まず机を挟んだ対面型をイメージされるかもしれません。しかし、LSWは、まず日常の生活の中で行われることがベースとなります。日常生活の中でのLSWなく突然、対面型のLSWを実施すると、子どもは戸惑ってしまったり、十分にワークできなかったり、何事もないようにただセッションが進む、時には拒否、ということにもなりかねません。大切なことだからこそ、急に対面で行うのではなく、日常生活の中で少しずつ丁寧に、子どもたちと実施する必要があるのです。

 日常の会話や、出来事、やり取りや面会の中に、たくさんLSWの要素が散りばめられています。では、生活の中で何に気を付け、どのようなことを行い、どのようにLSW取り組んでいくのか。このセミナーでは、そういった日常生活におけるLSWについて学び、皆さんと実践を共有していくセミナーとなります。

ライフストーリーワークとは

 ライフストーリーワークとは、施設や里親宅に暮らす子どもが信頼できる大人と一緒に、自身のこれまでの生い立ちを振り返ることで、自身の人生の物語を作ることができ、不安だったり疑問だったりしたことが、すとんと子どもの心に落ち、今の生活に納得でき、未来の人生を考えることができるようになるための手法です。広義には、日常生活の中におけるライフストーリー的視点からの関わりや、ライフストーリーブックを使ったワーク、治療的なワークまで幅広い実践を指します。

開催日程&詳細

日程:2024年6月25日(火)
時間:13:30~16:30(13時15分受付開始)
講師:徳永祥子(立命館大学准教授)
場所:ZOOMでのオンライン開催(URLは申し込みいただいた方に、開催事前にご連絡いたします)
定員:30名 ※定員達し次第応募締切(定員に満たない場合には開催されないことがあります)
参加費:8,000円
対象:社会的養護の関係者、また、ライフストーリーワークに関心がある方。

<講師紹介>

・徳永祥子(ウェスタンシドニー大学 リサーチフェロー):大阪市立阿武山学園、国立武蔵野学院にて児童自立専門員として勤務後、日本財団研究員を経て、2016年より現職。福祉社会学博士。

※上記は予定です。内容は変更の可能性があることを予めご承知ください。

お申込み

お申込み:講座ご希望の方は「お申込みボタン」よりお申し込みください。

お申込みが済みますと「自動返信メール」が届きます、もし届かない場合はメールアドレスの綴りにお間違いがないか、または受信拒否になっていないか等をご確認ください。

本講座は定員に達したため、お申込みを締め切らせていただきました。ただいま【キャンセル待ち】にてお申込みを受付けております。

チラシPDFはこちらから↓

お問い合わせ

一般社団法人 無憂樹LSW事務局 松田

Fax : 03-6869-0228
Mail:info@muyuju.org
携帯:090-2967-2448